2017 HOBIA第123回 新年例会のご案内

開催日:2017年1月27日(金)13時~17時
会 場:北海道大学 学術交流会館 小講堂
【プログラム】
13:00  開会挨拶 HOBIA理事長 北 野 邦 尋 
13:05~14:25 【講演1】 石 埜 正 穂 氏
  札幌医科大学 医学部医科知的財産管理学 教授
【演題】再生医療の開発と知財戦略
【要旨】再生医療がいよいよ本格的な実用化のステージに入ってきた。
再生医療産業は医薬品産業と全く異なるため、開発・知財・
ビジネスのそれぞれにおいて従来と異なる戦略が必要であり、
新しい社会インフラの形成が求められる。
14:25~14:40  休憩
14:40~16:20 【講演2】 塚 本 芳 昭 氏
  一般財団法人 バイオインダストリー協会 専務理事 
【演題】バイオインダストリーの新たな潮流
-バイオとデジタルの融合で何が起こるのか-
【要旨】バイオの世界ではゲノム編集、遺伝子解読の低コスト化が
進展し、デジタルの世界ではAI、IoT、ロボティクス等が注目を集め
ている。テクノロジーの融合により新たなイノベーションが引き起こ
される可能性が高まっており、講演では国内外の関連の動きを紹介する。
16:30~17:00 【講演3】 冨 田 房 男
HOBIA名誉理事長・アグリバイオ研究部会長
【演題】米国科学・技術および医学アカデミーが出した報告書
「遺伝子組換え作物:経験と展望」について
【要旨】遺伝子組換え作物及びそれに由来する食品がもたらすベネフィットやリスクに関する研究は、一般市民や政策立案者に混乱をもたらしているので、これらの主張の背後にある証拠と研究成果を厳しく、慎重に検討した。その最先端の研究と成果の方向性を知る必要を論じたものである。
—————————             
17:30~19:00   交流会 ( 参加費 4千円 )
会 場: 札幌アスペンホテル 2階 アカシア
(札幌市北区北8条西4丁目 ℡011-700-2111)
—————————
■ 参加費 HOBIA会員 無料、非会員 1,000円、交流会 4,000円
※参加申し込み
29新年例会案内

Fax 011-706-1331 e-mail:jimu@hobia.jp

地域バイオ育成講座in美幌

▪ 日時:11月25日(金)15:00~18:00
▪ 会場:美幌グランドホテル
▪ 主催:地域バイオ推進実行委員会
  (NPO北海道バイオ産業振興協会、北海道経済産業局、北海道、
   (一社)北海道バイオ工業会、オホーツク財団、オホーツク圏
   食品加工技術センター、美幌商工会議所)
▪ 参加費:無料
◆テーマ:発酵技術を活用した差別化商品開発およびヘルシーDo
○ 北海道ヘルシーDoの説明と活用法
  一般社団法人北海道バイオ工業会 主幹事 三浦健人 氏
○ 豚を使った調味料「美幌豚醤」の市場化戦略
         美幌商工会議所 専務理事  横山清美 氏
○「オホーツク旨いもん」の開発
          Food Office Masami 大友真佐美 氏
○オホーツク地域からの酵母分離と地域産業への利用
   オホーツク圏地域食品加工技術センター 武内純子 氏
○ 酵母という不思議の微生物の基礎と応用
    NPO北海道バイオ産業振興協会 副理事長 浅野行蔵 氏
【参加申し込み】
11 月22 日(火)までに御所属・御役職・御氏名を記載し、
下記までFax/E-mailでお申込み下さい。(当日ご来場も可)
■(公財)オホーツク地域振興機構研究課 太田
Fax 0157-36-0686 ℡ 0157-36-0680
e-mail: info@foodohotuku.jp
■ NPO法人北海道バイオ産業振興協会
Tel&Fax 011-706-1331 e-mail:jimu@hobia.jp