Category Archives: お知らせ

FOODEXJAPAN2008出展 真冬に生産されるホワイトアスパラガス生産者の紹介

 奈井江町の中林辰生さんは、3年前に新規就農したばかりですが、自分が胸をはって販売出来る味や質の良いものを生産したい、という意欲を持っています。
 中林さんは、高級食材として人気が高まってきているホワイトアスパラに注目し、昨年から道立花・野菜技術センター、(財)北海道農業企業化研究所から技術的な支援を得て、真冬に生産される「伏せ込みホワイトアスパラ栽培」に挑戦しています。
中林さん.jpg

【栽培の概要】
 今年2月に種をまき、鉢上げを経て5月中旬に畑に約6,000本の苗を定植します。
夏の間病気がつかないようにしっかり管理し、11月に1㎏ほどに成長した株を機械で掘り、ビニールハウスの中にぎっしりと伏せ込みます。
地温をアスパラガスの生育に適した15~17℃程度に暖め、遮光フィルムのトンネルで覆います。
12月20日ごろからご覧のようにびっしりとホワイトアスパラが出て、2月上旬まで収穫されます。
ホワイトアスパラ1.jpg

ホワイトアスパラ収穫.jpg

 〒079-0305
北海道空知郡奈井江町茶志内三区 Tel&FAX 0125-65-5357
中林 辰生
    URL: 道立花・野菜技術センター http://www.agri.pref.hokkaido.jp/hanayasai/index.html
    (財)北海道農業企業化研究所 http://www.hal.or.jp/  

北海道ビネガーの紹介

 2007年12月7日(金)~8日(土) 札幌ファクトリーで開催された
NPO法人グリーンテクノバンク主催のアグリビジネス創出フェア2007に出展した
(株)大金が北海道ビネガーを展示しましたので、ビネガーの特徴と使用例を紹介いたします。

北海道ビネガー(表).jpg
表示



北海道ビネガー(裏).jpg
表示

FOODEXJAPAN2008 モア・ベジ・キッチン出展予定

HOBIAとパイオニアエコサイエンス(株)は、FOODEXJAPAN2008の新たな展示企画
「MoreVege+」(モアベジ)の「VegeKitchen」(ベジキッチン)において、
北海道産の野菜や周辺食材の需要喚起・消費拡大を目指し、スーパーマーケット販促や
レストランメニュー開発に使える実践的なレシピ提案を行います。
 
日時:2008年3月13日(木) 14:00~14:30 
場所:会場特設コーナー「VegeKitchen」
食材:調理用中玉トマト(シシリアンルージュ)、北海道産生ホワイトアスパラガス
レシピ提案(予定):「調理トマトと北海道産生ホワイトアスパラの簡単クッキング」
                          リストランテ「カ・アンジェリ」 佐竹弘グランシェフ
                          http://www.caangeli.jp
・シシリアンルージュ(パイオニアエコサイエンス(株)提供)
シシリアンルージュ.jpg


・ホワイトアスパラ栽培(北海道名寄市提供)
ホワイトアスパラ.jpg

URL:パイオニアエコサイエンス(株) http://sicilian-rouge.com/index.html
FOODEXJAPAN http://www2.jma.or.jp/foodex/ja/index.html

帯広農業高校の新しいインターンシップ

 帯広農業高校食品科学科では、NPO法人北海道バイオ産業振興協会(HOBIA)、北海道立オホーツク圏地域食品加工技術センターと連携し、企業化レベルの食酢製造の実習授業が行われており、今、高校ブランド商標での企業製造も検討されております。
 この地域に根ざしたバイオ人材育成の取組みは、12月5日(水)、冨田房男HOBIA会長、浅野行蔵北海道大学の出前講義の際、十勝毎日新聞が取材し、12月10日紹介されました。
URL:オホーツク圏地域食品加工技術センター http://foodohotuku.jp/
北海道立帯広農業高校 http://www.obino.hokkaido-c.ed.jp/
帯広農業高校ビネガー.jpg
帯農バイオ講演.jpg

FOODEXJAPAN2008出展者セミナー

FOODEXJAPAN2008出展者セミナーで
フーズ&アグリ・バイオ・ネットワーク活性化事業の取り組みを発表いたします。
1)タイトル
発酵利用食品に注目した食酢発酵・発酵用微生物の供給ビジネス
-小型発酵装置による酢製造システムの開発と地酢による地域振興-
2)内容
酒造・もろみ免許が不要で、野菜・果物・海藻のフレーバーが映えた食酢の簡便な食酢発酵、機能性物質に富む食酢、自立型発酵装置など小規模施設での簡便製造法や高等学校食品科学科での教育実習カリキュラムを紹介
3)セッション日時
2008年3月14日(金)13:00~13:40  幕張メッセ「セミナールームE」
4)発表団体
NPO法人北海道バイオ産業振興協会(北海道札幌市)、
北海道立オホーツク圏地域食品加工技術センター(北海道北見市)
KITAMIブランドの会(異業種交流団体、北海道北見市)、(株)大金(北海道旭川市)
北海道立帯広農業高校(北海道帯広市)
URL:オホーツク圏地域食品加工技術センター http://foodohotuku.jp/
 北見ブランドの会 http://www.kitamikanko.jp/tokusan/23_kitamibrand.html
(株)大金 http://www.asahikawa-bussan.net/goods_daikin.html 
北海道立帯広農業高校 http://www.obino.hokkaido-c.ed.jp/
 FOODEXJAPAN http://www2.jma.or.jp/foodex/ja/index.html
 
 

2007 アグリビジネス創出フェアへ出展

12月7日(金)、8日(土)サッポロファクトリーホールで、NPO法人グリーンテクノバンク主催の、2007アグリビジネス創出フェア in Hokkaidoが開催されました。
HOBIAブースでは、HOBIA、オホーツク圏地域食品加工技術センター、(有)食ネット北海道 が道内産の野菜果物から簡単に作れる食酢発酵技術の紹介、新しい食文化の紹介をしました。
また、コラボ商品開発を進めているシシリアンルージュの出展をした雪印種苗(株)のブースにて、シシリアンルージュの試食を行いました。
1日目は、マリネを、2日目は、ジェラード・ジャムを提供したところ、用意していた個数(各日45個)が全てなくなるほど反響は大きく、特にジェラードは女性に人気があったようです。
HOBIAブース、雪印ブースには、合わせて450名の来場者が訪れ大変盛況でした。
HOBIAブース.JPG

プレゼン風景.JPG

雪印ブース.JPG

URL:オホーツク圏地域食品加工技術センター http://foodohotuku.jp/
    (有)食ネット北海道 http://www.hobia.jp/agri/company/post_53.html
    雪印種苗(株) http://www.snowseed.co.jp/

ホワイトアスパラ通年生産を支援

ホワイトアスパラガスクラスター構想が日本経済新聞に取りあげられました。
ホワイトアスパラ通年栽培の取り組みが紹介されております。

冬どりホワイトアスパラ栽培で北海道は有利です。
冬どりアスパラは路地で冬眠させて温室に取り込みますが、北海道は冬が早く訪れ、
本州産地よりも早く冬眠しますので、2ヶ月早い12月から収穫ができます。

通年生産体系は、冬どり栽培(12~3月)、屋外ハウス栽培(3~5月)、露地栽培(5~7月)、
冬どり育苗・冬眠・取り込み(8月~11月)です。
最新の食品加工技術と連携し、新鮮さを前面にしたホワイトアスパラ食品の開発を支援してまいります。
 

調理用中玉トマト「シシリアンルージュ」出展

 アグリビジネス創出フェアin Hokkaidoで、雪印種苗(株)は、期待の野菜新品種として、生産拡大を図る「シシリアンルージュ」を出展いたします。
本品種は、ホワイトアスパラガスクラスター構想で、アスパラと相性がよい調理用トマトとしてコラボ商品開発が進められております。
フェアでは、皮をむいても鮮紅色で調理しやすく、オリーブオイルを吸収して濃厚な味わいが試食としてお楽しみいただけます。
・シシリアンルージュのマリネ
・シシリアンルージュのジェラード・ジャム
photo2.jpg

URL:雪印種苗(株)(種販売元) http://www.snowseed.co.jp/
パイオニアエコサイエンス(株)(種子輸入代理店) http://sicilian-rouge.com

ビネガーファーメンターによる酢製造システムが新連携計画に認定

平成19年11月14日、北見ブランドの会、オホーツクビール(株)、
北海道立オホーツク圏地域食品加工技術センターなどが進める「ビネガーファーメンターによる酢製造システムの開発・販売」について、
北海道経済産業局から、その連携性・新規性・事業性が優れているとして、平成19年度新連携計画に認定されました。
今後、各種支援制度の活用により、北海道農産物の食酢ビジネスの拡大が期待されます。
新連携概要図.pdf
URL:北見ブランドの会 http://www.kitamikanko.jp/tokusan/23_kitamibrand.html
オホーツクビール(株) http://www.beers.co.jp/index.htm
オホーツク圏地域食品加工技術センター http://foodohotuku.jp/

(有)食ネット北海道


2007アグリビジネス創出フェア in Hokkaidoに出展する(有)食ネットを紹介いたします。

(有)食ネット北海道は、道産品の商品企画・販売促進のコンサルティング、料理研究・開発及びレシピ提供を行っております。
フェアでは、フードプロデューサー 小畑寿榮氏から、食酢を使った新しい食文化をプレゼンテーションしていただきます。
連絡先は次のとおりです
所在地:〒060-0063 札幌市中央区南3条西9丁目
オギサカ南3条ビル801
電話・FAX:011-209-3350/011-207-3677
E-mail:obata@snh.co.jp
【株式会社食ネット北海道会社概要PDF】(5p)
会社案内.pdf