Category Archives: お知らせ

2007 アグリビジネス創出フェアへ出展

12月7日(金)、8日(土)サッポロファクトリーホールで、NPO法人グリーンテクノバンク主催の、2007アグリビジネス創出フェア in Hokkaidoが開催されました。
HOBIAブースでは、HOBIA、オホーツク圏地域食品加工技術センター、(有)食ネット北海道 が道内産の野菜果物から簡単に作れる食酢発酵技術の紹介、新しい食文化の紹介をしました。
また、コラボ商品開発を進めているシシリアンルージュの出展をした雪印種苗(株)のブースにて、シシリアンルージュの試食を行いました。
1日目は、マリネを、2日目は、ジェラード・ジャムを提供したところ、用意していた個数(各日45個)が全てなくなるほど反響は大きく、特にジェラードは女性に人気があったようです。
HOBIAブース、雪印ブースには、合わせて450名の来場者が訪れ大変盛況でした。
HOBIAブース.JPG

プレゼン風景.JPG

雪印ブース.JPG

URL:オホーツク圏地域食品加工技術センター http://foodohotuku.jp/
    (有)食ネット北海道 http://www.hobia.jp/agri/company/post_53.html
    雪印種苗(株) http://www.snowseed.co.jp/

ホワイトアスパラ通年生産を支援

ホワイトアスパラガスクラスター構想が日本経済新聞に取りあげられました。
ホワイトアスパラ通年栽培の取り組みが紹介されております。

冬どりホワイトアスパラ栽培で北海道は有利です。
冬どりアスパラは路地で冬眠させて温室に取り込みますが、北海道は冬が早く訪れ、
本州産地よりも早く冬眠しますので、2ヶ月早い12月から収穫ができます。

通年生産体系は、冬どり栽培(12~3月)、屋外ハウス栽培(3~5月)、露地栽培(5~7月)、
冬どり育苗・冬眠・取り込み(8月~11月)です。
最新の食品加工技術と連携し、新鮮さを前面にしたホワイトアスパラ食品の開発を支援してまいります。
 

調理用中玉トマト「シシリアンルージュ」出展

 アグリビジネス創出フェアin Hokkaidoで、雪印種苗(株)は、期待の野菜新品種として、生産拡大を図る「シシリアンルージュ」を出展いたします。
本品種は、ホワイトアスパラガスクラスター構想で、アスパラと相性がよい調理用トマトとしてコラボ商品開発が進められております。
フェアでは、皮をむいても鮮紅色で調理しやすく、オリーブオイルを吸収して濃厚な味わいが試食としてお楽しみいただけます。
・シシリアンルージュのマリネ
・シシリアンルージュのジェラード・ジャム
photo2.jpg

URL:雪印種苗(株)(種販売元) http://www.snowseed.co.jp/
パイオニアエコサイエンス(株)(種子輸入代理店) http://sicilian-rouge.com

ビネガーファーメンターによる酢製造システムが新連携計画に認定

平成19年11月14日、北見ブランドの会、オホーツクビール(株)、
北海道立オホーツク圏地域食品加工技術センターなどが進める「ビネガーファーメンターによる酢製造システムの開発・販売」について、
北海道経済産業局から、その連携性・新規性・事業性が優れているとして、平成19年度新連携計画に認定されました。
今後、各種支援制度の活用により、北海道農産物の食酢ビジネスの拡大が期待されます。
新連携概要図.pdf
URL:北見ブランドの会 http://www.kitamikanko.jp/tokusan/23_kitamibrand.html
オホーツクビール(株) http://www.beers.co.jp/index.htm
オホーツク圏地域食品加工技術センター http://foodohotuku.jp/

(有)食ネット北海道


2007アグリビジネス創出フェア in Hokkaidoに出展する(有)食ネットを紹介いたします。

(有)食ネット北海道は、道産品の商品企画・販売促進のコンサルティング、料理研究・開発及びレシピ提供を行っております。
フェアでは、フードプロデューサー 小畑寿榮氏から、食酢を使った新しい食文化をプレゼンテーションしていただきます。
連絡先は次のとおりです
所在地:〒060-0063 札幌市中央区南3条西9丁目
オギサカ南3条ビル801
電話・FAX:011-209-3350/011-207-3677
E-mail:obata@snh.co.jp
【株式会社食ネット北海道会社概要PDF】(5p)
会社案内.pdf

FOODEX JAPAN2008への出展

2008年3月11日(火)~14日(金)、幕張メッセにて開催されるFOODEXJAPAN2008への出展が決定しました。HOBIAが進めているフーズ&アグリ・バイオネットワーク活性化事業では、販路の開拓、企業・製品のPR、マーケティング活動の促進を図るため、昨年に引き続き、FOODEXJAPAN2008に、HOBIAブースを開設します。FOODEXでは、一次産品・素材と食品企業のネットワークから生まれた北海道らしさをアピールする事業・製品・商品を紹介する予定です。今年度は、全国食品博ゾーンでの出展のほか、新企画「More Vege・vege・Kitchen」での実演出展、出展者セミナーでの情報発信を予定しております。
http://www.jma.or.jp/foodex

帯広農業高校食品科学科でトマト酢の製造・販売

私達帯広農業高校食品科学科「ビネガー班」は平成17年度よりオホーツ圏食品加工技術センターと共同開発を行っています。3年目の今年(H19)は「トマト」「ハスカップ」「ブルーベリー」「ビネガー・ドリンク」の4種類の製品化に成功しました。
 製造工程は、①原材料をミキサーで粉砕 ②低温殺菌 ③40℃まで冷却 ④種酢(酢酸菌)、エタノールを添加します。30℃のインキュベータで発酵させると,2~3日で菌膜が形成開始となり、JAS規格で「醸造酢」として認められる酸度4.2以上になるまで静置培養していきます。発酵期間は「トマト」で最も早く7日間から10日間。「ハスカップ」「ブルーベリー」では約1ヶ月の期間を必用とします。
 
 出来上がった製品をH19年11月9日(金)に本校のアンテナショップで販売したところ、僅か1時間で70本売れるなど大変好評でした。更に、来年3月幕張メッセで実施されるFoodex Japan2008にも参加予定です。
 URL:帯広農業高校 http://www.obino.hokkaido-c.ed.jp/
 オホーツク圏地域食品加工技術センター http://foodohotuku.jp/

帯農アンテナショップ.JPG

トマト酢(醸造酢)の作り方

【使用する原料】

農産物(この場合はトマト),水,
醸造エタノール(または酒),種酢(種菌)

・農産物は仕込み量の約20%~30%重量を使用
・醸造エタノールは純エタノール分が最終的な全体の5%重量になるように投入.

【トマト酢の場合の原料】

全体量 3㎏として

トマト              ・・・・・  900 g
水      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1950 g
醸造エタノール・・・・・・・・・・・・・・150 g

作り方

①トマトを洗って搾汁する(またはミキサーで砕く)
②水と合わせて低温殺菌を行う(65~67℃で30分)
③室温まで冷やす
④醸造アルコールを投入
⑤種酢を接種.30~32度の室温で静置する
⑥酸度を測定し、4.2以上になったら醗酵を止める
⑦火入れ(72~75℃、約10分)を行い、酵素を失活させる
⑧ろ過

製品中のGABA濃度の分析 

 

 

    分析対象物                         ppm        mg%(mg/100g)  %

  

農高  トマト酢           646          64.6              0.065

オホーツク食加技センター カボチャ酢       508~840

  〃              リンゴ酢       560

                  ジャガイモ酢        508~640

                  ハバネロ酢      1278~3280   

分析方法: GABaseを用いた酵素法

 

地域のネットワーク形成・拡大

北海道経済産業局が、10月15日のNews Releaseに農林水産業・食品産業や海外との新たなネットワークの形成~北海道バイオ産業成長戦略の進捗状況について~を発表しました。
1の「農林水産事業者、食品企業とのネットワークの形成」に、HOBIAのフーズ&アグリ・バイオネットワークが紹介されておりますので、ご紹介します。
http://www.hkd.meti.go.jp/hokio/new_network/sintyoku.pdf

はまなすチャツネ発売

興部町のかみでファームで栽培された「はまなす」の果実を使い「チャツネ」が製品化されました。ジャムのように甘酸っぱい味が特徴で、香辛料を加えて風味付けがされています。カレーに一さじ加えますと辛さがマイルドに、そして甘味と適度な酸味が加わることによりお子様でも食べやすいものとなっております。
オホーツク圏地域食品加工技術センターが製品開発とレシピ提供を行いました。
チャツネは、130グラム・450グラム 業務用のみの販売
【お問い合せ先】㈱三幸 〒094-0001 紋別市北浜町1丁目8-24 0158-24-4416
 
URL:かみでファーム http://huat.jp/kamidefarm 
                           表示
はまなすチャツネサムネイル画像